ニキビなどの肌荒れにはやっぱりビタミンC!

ニキビなどの肌荒れにはやっぱりビタミンC!

 

ニキビや吹き出物といった肌荒れにはビタミンCが効果的と言われていますね。どうして肌荒れにビタミンCが良いのか、詳しく調べてみました。

 

 

ニキビや吹き出物などの肌荒れの原因と対策

 

ニキビは毛穴や皮脂腺に皮脂や角質が詰まり、そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまう症状です。ニキビを治療するためにはアクネ菌の増殖を抑えて炎症を鎮める必要があります。

 

市販の塗り薬は一時的にアクネ菌の増殖による炎症を抑える効果があります。しかし根本的な解決にはならず、肌質を改善しなければ同じような肌荒れを繰り返すだけです。

 

そこで肌質を改善させるビタミンCを摂取するといいのです。ビタミンCは肌荒れの改善や美白効果があります。ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えるので毛穴のつまりを予防します。

 

ビタミンCが肌に与える効果

 

ビタミンCが肌に与える作用は以下の通りです。

活性酸素の除去

活性酸素はストレスやハードな運動、疲労、たばこやアルコール摂取などで増えてしまいます。ストレスは職場などでの心理的なストレスのほかに、紫外線を浴びること、夏の暑さ、冬の寒さなどの環境からのストレスも含まれます。

 

ストレスを感じると体内に活性酸素ができます。活性酸素は放っておくと体を老化させる原因になります。活性酸素を除去するためには抗酸化物質が必要です。ビタミンCは抗酸化物質の一つです。

 

メラニン生成を抑制する

紫外線を大量に浴びて体内に活性酸素ができると肌の奥にあるメラノサイトで、メラニン色素が作られます。メラニン色素はシミのこと。ビタミンCは、メラニン色素を発生させるチロシナーゼという酸化酵素の働きを抑えます。また、既に出来ているシミ(色素沈着)やそばかすを淡色化してくれる(還元作用)あります。

 

コラーゲンやエラスチン等の生成(細胞を活性化)

ビタミンCを摂取すると代謝がよくなるので肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。ニキビの原因の一つに肌の新陳代謝がうまくはたらくなって、古い角質が毛穴に堆積してしまうことがあります。肌の代謝が活性化すれば古い角質は自然とはがれていきますので肌に堆積しることなくニキビにもなりにくいということです。肌の奥にあるコラーゲンやエラスチン等の生成も促します。

 

ビタミンC摂取の3つの方法

 

肌荒れにはビタミンCを積極的に摂取したいですね。ビタミンC摂取の方法をご紹介します。

 

食べ物から摂る方法

どのような食材にビタミンCは多く含まれているのでしょうか?ビタミンCが多く含まれる食材は下記の通り。

 

ビタミンCを多く含む食材(可食部100g当たり)

食材

含有量(mg)

食材

含有量(mg)

赤ピーマン

170

モロヘイヤ

65

黄ピーマン

150

いちご

62

ゆず(果皮)

150

ししとうがらし

57

アセロラジュース

120

きょうな(水菜/生)

55

パセリ

120

ブロッコリー

54

芽きゃべつ

110

カリフラワー

53

レモン(全果)

100

レモン(果汁)

50

なすのからし漬

87

パパイヤ

50

ケール

81

ハム(ロース)

50

からし菜漬け

80

ベーコン(ロース)

50

ピーマン

76

かぶの葉のぬか漬

49

にがうり(=ゴーヤ)

76

きんかん

49

めんたいこ

76

ハム(ボンレス)

49

70

かぶ(葉)

47

キウイフルーツ

69

かいわれだいこん

47

レッドキャベツ

68

つまみ菜(生)

47

 

 

サプリメントで摂る方法

次にビタミンCをサプリメントで摂る方法についてご紹介します。ビタミンCは水溶性ビタミンで体にためておくことができません。毎日摂取うする必要があります。毎日の食事でビタミンCを積極的に摂ることが望ましいですが難しい場合はサプリメントに頼る事もOKです。

 

ビタミンCは錠剤も出回っていますが、使いやすいのは粉末タイプです。ビタミンCは1度に摂取しても余分な量は尿としてカラダの外に出てしまいます。1日に何度か分けて飲んだほうがいいのです。そのため錠剤よりも粉末のほうが使いやすいです。

 

ビタミンCはアスコルビン酸という酸のため、そのまま飲むと胃に負担をかけてしまいます。粉末はそのまま口に入れるよりもオブラートで包むからカプセルに入れて飲みましょう。

 

化粧品でとる方法

ビタミンCは内服するだけでなく、外用もできます。ビタミンC誘導体を肌から補う方法です。ビタミンCは不安定な物質のためビタミンC誘導体として塗布します。「リン酸ビタミンC」や「APS」、「リン酸アスコルビン酸Na」といった成分がビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC摂取の注意点

 

水溶性ビタミンでカラダに蓄積されない

ビタミンCは一度に大量に摂っても尿として排出されてしまいます。そのため1日に何度が分けて摂取するのが望ましいです。

 

熱に弱い

ビタミンCは熱に弱いビタミンなので調理法は気を付けたほうがいいでしょう。加熱すると壊れてしまいます。また水に溶ける性質のため茹でるとお湯の中にビタミンCが溶けてしまいます。なるべく生のままで食べるのがいいです。

 

過剰摂取に注意

1日に必要なビタミンCの量は男性一日あたりの目安量100mg/日、女性一日あたりの目安量100mg/日と言われています。ビタミンCは過剰摂取をすると下痢や何べんの症状がでることがあります。くれぐれも気を付けましょう。

 

その他、肌荒れに良い栄養素

ビタミンC以外に肌荒れに良い栄養素をご紹介します。

 

ビタミンB群

吹き出物が出やすい肌にはビタミンB群がよいです。ビタミンB群が不足すると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。これを放置すると肌荒れが慢性化する肌になってしまします。

 

特にビタミンB2、ビタミンB6を積極的に摂取することが望ましいです。ビタミンB2はレバーや魚卵、納豆、卵などに多く含まれます。ビタミンB6はニンニク、まぐろ、かつお、鶏肉などに多く含まれます。

 

ビタミンA

乾燥肌対策にビタミンAが有効です。肌が乾燥するとかゆみ、かさつき、さらにはシミ、たるみなどの老化の原因にもあります。ビタミンAは肌の生まれ変わり、ターンオーバーを促進します。

 

 

更新履歴